薄毛の悩みを植毛治療で改善【クリニック選びのコツを伝授】

治療の特徴と利点

髪の毛

デメリットがない薄毛治療

HARG治療とは、薄毛を根本的に治療ができる再生医療です。薄毛の原因が何であれ、また年齢や性別に関係なく治療が行えて、さらに治療後も発毛効果が続きます。肌が露出しているような重度の薄毛でも女性でも治療が可能で、治療に向かない人がいないというのは大変画期的な方法と言えます。HARG治療の方法は、成長因子を含んだタンパクAAPEを頭皮に注入するだけです。成長因子は体の成長と代謝に作用する人成長ホルモンを活性化してくれる因子の一つです。数多くの種類がありますが、ARG治療で用いられる成長因子の種類は150種類以上あります。脂肪幹細胞を培養した後に抽出したタンパク質をろ過しているので、安全性は高いです。アレルギーなどの副作用もありません。ろ過されたタンパクAAPEはARGカクテルと言われますが、これを頭皮に打つと体に必要な細胞を絶えず生み出している幹細胞が強力に活性化されます。そうなると成長因子が自然に分泌され続けることになるので、発毛も継続する、というメカニズムです。HARG治療の臨床では、患者のほぼ全てで発毛が確認されています。6回の治療を1クールとし、頻度は3週間から4週間おきです。通常治療の効果が現れるのは半年から1年後ですが、早い人で1回の治療で効果が見られました。HARG治療の開発者は日本人ですが、国内外で臨床が増えており、今後も治療者が増えることが予想できます。なお、国内では十分な安全性や効果を守るために、講義の受講と認定証の発行が義務付けられています。

Copyright© 2018 薄毛の悩みを植毛治療で改善【クリニック選びのコツを伝授】 All Rights Reserved.